タマムシの里

所長のつぶやき

タマムシのアクセサリーを毎日作っていると、お客さんから、思いがけない注文やアドバイスを受けることがあります。
タマムシの羽根と,腹を合わせて、樹脂の中に入れて、ペンダントを作って欲しい。とか、歩いていて拾ったタマムシを、そのまま樹脂の中にいれて、長期保存が出来るようにしたい。とか、新しい発想での注文があったりします。
全く新しい技術を要するものは、時間をかけてテストをしてから受注するので、それなりの時間がかかります。
製品は美的でなければなりません。長持ちするすることも大切です。何年経っても変色や劣化があってはならないのです。
技術者は無理な注文があると、進化します。
スポンサーサイト

所長のつぶやき

春分が過ぎ 春らしくなりました。
1月の 国際宝飾展に初出展 大盛況でした。味を占めて来年の宝飾展出展の申し込みもしました。
玉虫アクセサリーのような 虫に由来するアクセサリーが完全に、宝石展に受け入れられました。
玉虫アクセサリーは 宝石と並んで 市民権を得たようで、大変喜んでいます。
これから ペンダント、ブローチ、指輪、ピアス、帯留、ストラップ、など発表してゆきます。
                                                  芦澤七郎

FC2Ad

まとめ